江戸明治東京重ね地図(スマホアプリ)

iOS/Android向け地図アプリ「江戸明治東京重ね地図」では、1860年(万延元年)の江戸の地図と、1907年前後(明治40年前後)の東京の地図に、現代の地図を重ねることができます。江戸から東京へ、武士の時代から近代へ、都市の姿がどのように変遷したかをお楽しみください。

cover02

時代を移動

画面下部にある時代スライダーを左右に動かすことで

江戸←→現代

edotokyo

明治←→現代

meijitokyo

と時代を移動できます。

多種多様な所在地情報

約1万4千におよぶ多種多様な所在地情報を収録しているので、検索機能であらゆるスポットの位置がすぐにわかります。

(江戸)各藩の上屋敷や下屋敷など江戸藩邸
(江戸)御側衆、百人組など幕府役職の屋敷
(江戸・明治)神社仏閣
(明治)宮家、華族、政治家、実業家の邸宅
(明治)企業、商店など
(明治)役所、省庁、裁判所、監獄など

地形図を収録

国土地理院の地形図を収録、地図に重ね合わせることで、「坂の多い街」と言われる東京の地形をどのように活用していたのかが見えてきます。

地形図

情報を網羅

地名研究・地域史研究の全成果を結集した『日本歴史地名大系』(平凡社)から約3000の町村名データを収録。江戸・東京の町村名はもとより、河川や街道、橋や坂、城址や遺跡にいたるまであらゆる情報を網羅しています。

rekisi

スマホアプリのダウンロード

iPhone/iPad用

apple-store-btn

Androidスマホ/タブレット用

google-store-btn